カミカミ王子は食育王子

新潟県三条市の矯正歯科医です。食育のアニメソングのカミカミ王子や噛むための漢字の本、百人一首の本を作っています。吟遊詩人もやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

詩のボクシングへの想い2

siboku.jpg


明日から9月です。9月といって思い出すのは太田裕美の「9月の雨」です。と言って、「そうそう!」と考えるあなたは、私と同じ世代ですな。ふふふ。
詩のボクシングの想いの続きです。

 詩のボクシング。ああ、いつか新潟に来てほしい、新潟で誘致して欲しい。きっと心の片隅にずっとあったのだと思います。しかし、私はずっとそれを忘れていたようです。新潟で、あの大きな事件が続くまで。
新潟では平成16年7月13日に始まった三条市の水害、同年10月23日の中越地震と、まさに新潟を破壊せんばかりの災害が立て続けに起きました。目の前であふれ出たまま引かない水、地震で駅からあふれ出る人、波打った高速道路、そして報道でしか知りえない、山古志村の惨状等々、それからしばらくの新潟は、映画で見る、暗い雲に覆われた戦場のようでした。被災した患者さん、被災したdr。何もかもが暗い時期でした。ようやく復興が見え始めた頃に、ふと思い出したのが「詩のボクシング」でした。「人と人とのつながりが大切な時代になる。人が皆で集まることが大切な時代になる。きっと、詩のボクシングのイベントは、新潟で開催されるならば、とても役に立つに違いない!」
私は、考えをすぐに行動にうつすタイプですので、それからすぐに新潟県庁のホームページにアクセスして、就任して間もない新潟県知事に、詩のボクシングの新潟誘致の重要性を訴えました。新潟の暗い世相を払拭するイベントとして、とても貴重なイベントになると訴えました。
 しかし数日後、新潟県文化振興課の課長さんより直々にお電話を頂きました。そのお話はと言えば「県知事から、連絡するように言われましたのでお伝えいたします。新潟県では、まだ詩のボクシングを誘致する体制が整っておりませんので、残念ながら誘致はできません」とのことでした。ああ、ご丁寧にありがとうございますと返事をし、電話を切りました。
「そうでしょう。そうでしょうとも」
私は、残念でなりませんでした。対応はありがたかったと思います。一歯科医院の院長の思い付きに、直々に県自ら対応してくれたわけですから。しかし、それで終わりでは、あまりに寂しい。詩のボクシングは素晴らしい企画なのに、文化的にも、恐らくは経済的にも、新潟に寄与する企画のはずなのに、、、
私はある意味で地方行政の限界を感じました。
(ひとまず続きます)

アニメ,、「カミカミ王子」はこちらです。よろしく
お願い致します。)
応援足跡よろしくお願い致します。
応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/08/31(日) 23:36:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<詩のボクシングへの想い3 | ホーム | 詩のボクシングへの想い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orthobeauty.blog102.fc2.com/tb.php/13-4455c23c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カミカミ王子

Author:カミカミ王子
はじめまして。新潟県の三条市で矯正歯科医院の院長をしておりますカミカミ王子こと吉野登志也(吉野としや)です。
 成長期の子供達が患者さんに多いので、歯科矯正治療や、食育に関するパンフレットや本を作っています。今年は今まで作った「30回かんでたべたい小学かんじ」の当院の本や、現在制作中の「30回かんで食べたい百人一首」の本をアニメーションにして、皆さんに楽しんでいただこうと考えております。
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。