fc2ブログ

カミカミ王子は食育王子

新潟県三条市の矯正歯科医です。食育のアニメソングのカミカミ王子や噛むための漢字の本、百人一首の本を作っています。吟遊詩人もやってます。

生きがいの仕事の一つ

kanji-si.jpg

 毎日の歯科診療の仕事以外で楽しくてやりがいのある仕事
の一つは、「30回噛んで食べたい漢字」の冊子の作成
作業です。今まで作ったのは、小学1年生、小学2年生の
上下巻(下巻はまだ校正中)、そして現在作成中なのが小学
3年生の途中までで、すでに3年生の半分の荒原稿は作って
あります。小学生で習う漢字の3分の1位を作ったことになり、
ようやく思いつきだけでない仕事になりかけています。
歯科のスタッフ(従業員)が4人いますが、毎日せっせと
私が書いた案を、1ぺージの漫画に仕上げてくれています。
おかげで彼女たちは、ずいぶんとパソコンで絵を描くのが
上手になり、早くなりました。
 この冊子は、6年生までできた暁には、私たちの医院の
財産になるだけでなくて、日本の小学生たちの財産になるの
ではないだろうかと妄想しています。だって、日本でこの本に
類する漢字の本はないのです。この本を読んで楽しんでくれる
小学生たちの顔を想像しながら、毎日頭を絞ってひねりながら、
案を作っています。大変だけれども、やりがいのある楽しい
仕事です。
 詩のボクシングにちなんで、最近作った詩のページです。
私はこんなに丸顔ではないけれど。
楽しいでしょう?


アニメ,、「カミカミ王子」はこちらです。よろしく
お願い致します。)
応援足跡よろしくお願い致します。
応援ありがとうございます!
スポンサーサイト



テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/03/04(水) 13:32:49|
  2. 詩のボクシング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

潜入!新潟コスプレキャラクターショウ

2DSC02607.jpg2DSC02610.jpg2DSC02612.jpg

先日、JCC(JAPAN COSTUMEPLAYER CONVENTION)
というイベント会社?の主催で、朱鷺メッセで行われた新潟コスプレ
キャラクターショウというものに参加してまいりました。将来新潟で
詩のボクシングが開催されるときのために、裾野を広げておきたい
という考えがあったので、「マンガ、アニメファンの多い新潟で、
コスプレーヤーというビジュアル系の人たちに、詩を朗読
してもらえたら、おもしろいことになるのではないだろうか?
盛り上がる可能性もあるのではないだろうか?しかし、一体
コスプレーヤーという人たちはどんな人たちなんだろう?集まって
どんなことをしているんだろう?」と以前から興味があったからです。
そんなわけで、詩のボクシング関係資料をしこたまコピーして、カミカミ
王子の衣装を持参して、いざ朱鷺メッセにおじさん一人で参加して
まいりました。
 久しぶりの朱鷺メッセでしたが、スーツ姿の若い人たちがたくさん
いて、「あれれ?日付を間違えただろうか?」と思いましたが、朱鷺
メッセの会場の3階では、新社会人のための企業説明会が行われて
いて、まあ、これも一種のコスプレに見えないこともなかったのですが、
カミカミ王子の衣装を抱えた私はどう見ても場違いで、心の中で
(みなさん、頑張ってください)と声をかけながら、そそくさと4階に
上がると、そこにはお目当ての会場がありました。
コスプレの人は1000円、一般の人(写真をとるだけの人?)は1500円
ということで、私はコスプレの1000円で入場しました。(う~ん、ちょっと
恥ずかしいぞ!)
 午前11時から午後5時まで。券を提示すれば、出入りは自由とのこと
でした。会場には人がわんさかいました。コスプレの人、(20対1くらいの
割合で女の子がほとんど)写真撮影だけの男、普通の服の女子(少数)
でした。部屋の一番隅にちょこんとあった男性着替え室で着替えて、会場
を散策しました。
 それはもういろりどりのコスプレの人、人、人で、カメラの前でさまざま
にポーズをとって、まさに自分たちの世界を見せて、演じておりました。
「やや~、これはやっぱり場違いだったかな~」と考えましたが、もう十分に
観察するまでかえれないぞと覚悟を決めて、詩のボクシングの記事を持
ってうろうろしていました。
 どうやらお願いすれば、女の子達も撮影させてくれるようだったので、
勇気をだしてお願いして写真をとらせてもらいました。ところが、写真を
構えると女の子のポーズの決め方の決まっていること!ただただひた
すら感心するばかりでした。でも、少し話をすると、まあ本当に普通の
女の子で、そのギャップには驚くばかりです。詩のボクシングの記事を
手渡して、「いつか新潟でやるときがあったら皆ででましょうね!」と、
なんだか判らない営業をしてきました。
観察していると、写真撮影している男の人に、数種類いることに気が
付きました。一種類はなんだか危ない目をしてカメラをかまえてうろうろ
としている人。もう一種類はすごく気合が入っていて、しっかりした一眼
レフをもって、レフ版まで持参して、ここぞと思うコスプレーヤーの女の
人をモデルのように撮影しまくる人(モデルさんもいやではなさそう)。
もう一種類はプロのカメラマンか業界の人かわからないけれども、
場慣れした感じのかっこいいお兄さんでした。(この方は、もてもてみたい
でしたね)写真撮影されている人もいろいろで、もうコスプレーヤーの中
でも私が一番みたいにオーラを放っている人とか、仲間内だけで写真
をとりあって、なかなか部外者が入れない雰囲気の女の子達とか、
一人でぽつんと部屋の片隅でいる人とか、いずれにしても、みんな
表現していることを楽しんでいる人の集まりだったのは間違いありま
せんでした。
「ただ集まって写真をとるだけでこれだけ集まれるんだなあ~」と、
改めて人が集まることのきっかけの不思議さに感心しました。
でも、結局私は1時間ほどいて会場を後にしました。長居をするには、
やはり仲間がいる場所のようでした。結局詩のボクシングの記事を
手渡せたのは2組だけ。(だって、圧倒されちゃったんですもん!)
でも、いい経験をさせてもらいました。

みなさんも何かのコスプレで参加してみるのはいかがですか?
(写真は、会場、一緒に撮影してくれた女の子、ポーズをとってくれた
女の子達です。すごいでしょ?ポーズの決め方が。目はプライバシー
保護のための合成です。)


アニメ,、「カミカミ王子」はこちらです。よろしく
お願い致します。)
応援足跡よろしくお願い致します。
応援ありがとうございます!

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/02/14(土) 00:53:45|
  2. 詩のボクシング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新潟のサロン♪(ナマコラ初参加)

oriteyuku-big-pos.jpg

10/31に、ナマコラというサロンに参加してきました。かねてから
興味があった、NAMARAという、新潟の「地方お笑い集団」が経営している
お店で時々開かれるサロンです。新潟県は、全体に穏やかで真面目な人柄の
人たちが多く、あまり大騒ぎをする人たちは少ない印象を受けるのですが、
そんな中にあって、このNAMARAは「新潟からお笑いを」といった、新潟として
は、とても珍しいコンセプトで集まっている人たちで、必ずしもお笑いに
とどまらず、「新潟を(新潟発で日本を)面白くしよう!」と考えている人
たちの集まりです。私は今年の10月に詩のボクシングに参加したのも、
新潟が元気になるきっかけが欲しい、新潟があることを全国の人に忘れない
で欲しいと考えていたことが始まりでしたので、以前から、NAMARAさんは
注目していました。そして、素晴らしいことに、NAMARAさんは、恐らくは
日本でも珍しい異業種交流会、つまりサロンを時々開いていて、(実は
最近調べて知ったのですが)だれでも飛び入りで参加できるとのことだったの
で、先週の木曜に参加してきたのでした。NAMARAの代表の江口さん、三条の
隣町の燕市の会社の社長さん、元裁判所事務官の方、子供たちにミュージカル
を教えている方等、色々な人たちと話ができました。また、特に珍しかった
のが、来年から全国で公開される、映画「降りていく生き方」に、俳優の
武田鉄也さんと共に主演された、新人俳優の森太熊さんという方と、その仲間
の方々でした。
森太熊さんは、リクルートの、元No1営業マンで、1700人のオーディ
ションの中から選ばれた、新人俳優さんで、今は新潟にいるそうです。
他にもお二人、リクルートを退社して、映画の世界に入った方たち、別の
会社を辞めて、森さんたちと映画の世界に入った方がいました。みなさん
今は収入なしだそうで、新潟に一軒家を無料で借りて、共同生活をしている
そうです。きっと次のステップを着々と考えているのでしょう。
詩のボクシングの話は結構みなさん興味を持ってくれたのですが、10人前後
集まって、詩のボクシングを知っていたのは3人ほど。その場で詩の朗読バー
のような事を、江口さん、私、森さんの仲間でやり、かなり楽しく盛り上がり
ました。江口さんはラジオのパーソナリティーもやっていただけあって、話の
プロだし、森さんのお仲間の方も、即興の御代、「ふるさと」で上手に詩を
読んでくれました。また、江口さんの同級生の方が一人いて、その方は
新潟アルビレックスの想いを詩によんでくれました。
江口代表が、「今度、またぜひやりましょう!」と言ってくれたので、
池上さんの大阪、あしゅりんさんの東京の朗読バーのように、新潟でも
朗読バーのようなものが開催される日がきそうです。
来年、新潟からたくさん詩のボクシングに応募すればいいなあ、NAMARAの
人たちが詩のボクシングに参加することになると、面白い詩の朗読ボクサー
が、たくさんできるだろうなあと、いろいろ想像しています。他にもいろんな
面白いことがありましたが、きりがないので、ここまでにします。
新潟は、これから面白いことが増えていきそうな予感がします。
ワクワク

アニメ,、「カミカミ王子」はこちらです。よろしく
お願い致します。)
応援足跡よろしくお願い致します。
応援ありがとうございます!



テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/11/03(月) 15:46:34|
  2. 詩のボクシング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予選審査の詩(雨よ)

引っ張りに引っ張った詩のボクシング東京大会の詩も今日が最後です。
これは東京大会のビデオ審査に応募したものです。
もともと今回の大会には、新潟の災害のことを忘れないで欲しい
という気持ちで参加することを決めていました。
だから、最初は一番私の身近だった災害を詩にしました。
すなわち、三条市の平成16年7月13日に起きた、いわゆる
三条市7.13です。
三条市は昔から雨に弱く、水害に弱い地域だそうです。
その日も雨の量は半端なものではありませんでした。
ザーザーザーザーザーザーザーザーと、本当にいつまでも、
しかもやたらと力強く降っていました。
水害は、地域によってとても大きな差があって、私の医院のある
東三条と言う地域では、冠水はなかったようですが、車で5分ほどの
地域では、五十嵐川という地元の川の氾濫で、まるまる巨大な湖の中に、
住宅地や商店街が沈んでしまいました。私が所属する歯科医師会でも
数件の先生達が浸水、冠水し、中にはボートで助けられた先生もいました。
私の患者さん達も、かなりの数の方が被災されてしまいました。
本当にちょっとの場所の違いだったのです。
被災された方たちは、車の廃車はもう当たり前で、中には引越しを
余儀なくされた方たちもいました。ただ雨が降っただけでも、本当に
恐ろしいことになることを目の当たりにして、そしてそれが地域の
人たちに、後々まで尾を引くのを目の当たりにして、本当につらい
時期でした。時々雨が強く降ると、三条の人たちは身構えます。
またあの悪夢が起こらないかと心配します。これはある雨の強い日に
作った詩です。局所的な豪雨も人災でしょうね。きっと。温暖化の
影響でしょうね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雨よ

その日はある日突然にやってきた
「さーざーさーざー」
波のように押し寄せる雨の音
雨がひらひらとゆれるカーテンになって天と地をつなげていた
「さーざーさーざー」
雨は土に吸われ
やがて雨は土をおおい
側溝の中で川になり
強く流れる滝になり
いつか側溝の川は道路を巻き込んで大河になり
やがては家を巻き込む水の悪魔になった
「さーざーさーざー」
1年分の雨が新潟の三条を襲った
その日から3年
雨は今日も降っている
「さーざーざーざー」
雨よ、おまえに聞きたい
お前は、新潟が嫌いだから、そんなに集まったのか?
それとも、新潟が好きだから、そんなに集まったのか?
雨よ
昔はそんなじゃなかっただろう
なぜなんだ?
雨よ
「さーざーさーざー・・・」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アニメ,、「カミカミ王子」はこちらです。よろしく
お願い致します。)
応援足跡よろしくお願い致します。
応援ありがとうございます!


テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/10/27(月) 00:43:10|
  2. 詩のボクシング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

カミカミ王子

Author:カミカミ王子
はじめまして。新潟県の三条市で矯正歯科医院の院長をしておりますカミカミ王子こと吉野登志也(吉野としや)です。
 成長期の子供達が患者さんに多いので、歯科矯正治療や、食育に関するパンフレットや本を作っています。今年は今まで作った「30回かんでたべたい小学かんじ」の当院の本や、現在制作中の「30回かんで食べたい百人一首」の本をアニメーションにして、皆さんに楽しんでいただこうと考えております。
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる